東京オリンピック

TOKYO2020
「競技場や選手村の建設に限らず、既存インフラの補修という形でもいいので、2020年の東京オリンピックにはなんとしても関わりたいですね」

こんなふうに、社員のインタビューという形でも『東京オリンピック』はもちろん、『東京五輪』『TOKYO2020』『がんばれニッポン!』などの表記はできません。
「2020年の国際的なスポーツイベント」など、東京オリンピックを連想させる表現もNGです。厳密に言えばJOCおよびIOCの許諾が必要ということですが、版元が使うなと言っている以上はダメ。

東京オリンピック開催決定の瞬間は飛び上がって喜んだという電設資材商社の代表者や、建設コンサルティング会社の若手社員から、この大イベントに懸ける想いをストレートにぶつけられることが多い身としては、なんとも悩ましいところです。

僕自身は、仕事で東京オリンピックに貢献したいという気持ちの昂ぶりはありません。
オリンピック競技をライブ観戦できるチャンスは最初で最後だと思うので、何かしら観にいきたいとは思っていますけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする