スポンサーリンク

auからUQモバイルへ変更

auからUQモバイルへ変更
auで購入したiPhoneのSIMロックを解除し、UQモバイルに変えました。
手に入れた頃は電車での移動中や外出先で絶えず触っていたiPhone。仕事用のメールチェックからSNSへの投稿、写真撮影、ゲーム、動画の再生までフル活用していたので通信量に上限のないプランで契約していましたが、Wi-Fiに接続できない環境でiPhoneを使用する機会は次第に減少。気がつけば、メールの送受信、折り返しの電話と、駅から取材先までの経路、電車の乗り換え、天気予報の確認くらいになっていました。どれもガラケーで事足りる用途ですね。

それで1年ほど前、1カ月間に使用できる通信量が1G以内のプランに変更。月々の携帯電話料金は半分くらいになりました。それで終わりにせず格安SIMに変えた理由は2つあります。ひとつは諸外国と比較すると日本の携帯電話料金は格段に高い、という事実があること。ぼく自身もどうしてこんなに高いのかと思い続けてきたので、下げられるのなら下げようということで。

そしてもうひとつは、13年間auを利用してきて、よかったな、得したな、と実感できたことが一度もなかったこと。契約更新時期の直前、新たな料金プランが設定されると聞いて少しは期待しましたが、実質的な内容は家族割。ぼくのような独身者にとっては従来の料金プランと大差はなく、この先使い続けてもメリットはないと判断したのです。

付け加えるなら、気に入った機種を使い続けているユーザーをないがしろにしている、という印象も。僕が愛用しているiPhoneSEは解約手続きがWebでは完了できないので電話で申請したのですが、慰留という使命を担うオペレーターの方は言うのです。そのiPhoneはもう古いから機種変更されてはいかがですか。このプランなら最新のスマホを月々これだけで使えますよ、と。
面倒なので「結構です」とだけ答えましたが、新しければいいってもんじゃないんだよなあ。それに。ガラケーで事足りる機能しか使っていないスマホに10万円もかけるくらいなら、パソコンを買い換えますよ、僕は。

ちなみにUQモバイルにしたのは、テレビCMが好き、という理由だけです。
料金はどのMVNOも大きな違いはないですし、通信速度もiPhoneではゲームも動画視聴もしない僕には重要ではないので。変わったのは、自宅でのアンテナ表示が3本になったことくらい。届いたばかりのSIMカードを過ってコーヒーの海に沈めてしまった瞬間はどうなることかと思いましたが、装着後エラーが出ることもありませんでした。

今日のひと言

ピンク・レディーの「UFO」はテンションあがる

今日のトレーニング

なし

今日の夕飯

マルシンハンバーグとシャウエッセン

コメント

タイトルとURLをコピーしました