スポンサーリンク

インフルエンザとの向き合い方

金曜の夜から具合が悪くなって、土曜日に発熱。
週明け納品の原稿があったので、頭を凍結ゲルで冷やしながら
半分だけどうにか仕事を片付けて横になっていました。

少し楽になった時に体温を測ったら39度だったので
夢とも幻覚ともつかない得体の知れないものを見ていた時は
40度を超えていたかも知れません。

それでもクスリを飲まなかったのは、
うがいと手洗いを毎日欠かさず、電車内ではマスクを着用するという
風邪予防策が今年も効果をもたらさなかったという腹立たしさから。

昨年、喉の痛みがなかなか取れずに内科で診てもらった時、
「熱や喉の痛みは、身体がウイルスと戦っているということだから
クスリで抑えたら治りが遅くなるだけ。
水分を取って安静にしているのが一番ですよ」と
言われたこともあったので、今年は葛根湯だけを飲み、
感冒薬も熱冷ましも服用しませんでした。

すると、日曜の朝に目覚めた時には全身に汗をかいていて、
悪寒が消えていました。
つばを飲み込むたびに喉に痛みが走り、味覚は丸1日戻らなかったですが
熱さえ下がれば仕事はできるので、日曜はライティングに集中。
予定どおり月曜の朝に納品を完了しました。

食事と運動で免疫力を高め、罹ったら安静に過ごす。
インフルエンザとの向き合い方は、これが正解のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました