スポンサーリンク

【週ログ】10月19日~25日 忙しさがありがたい

できないことはないという状態


19日。午前中にリモート取材。
若手社員の方に50分ほどインタビューしたが、何度も音声が途切れて聞き取れなかった。
リモート取材の開始以降、こういう状況にストレスを感じている。
発注者とのやりとりは問題ないので、先方のリモート環境に難があるのだろう。
PCとカメラとネット環境があれば、対面でなくても仕事ができるというものではない。
多くの中小企業は、新型コロナ以前の「在宅業務もできないことはない」という状態から
さほど変わっていないと思う。

ロストアーク


21日。納品を完了した後、「ロストアーク」に没頭。
カンストしました。
パーティを組まなくてもプレイできるオンラインゲームはやっぱりいいな、と思う。
先々を考えてグラボの交換が頭をよぎるも、
仕事が減っている状況でそれはないと打ち消す。

疑うべきか?


22日。午後からリモート取材。
IT企業だったので安心していたら、通信状況はいままでで最も悪かった。
頻繁に画像が固まり、音声が途切れるので途中で聞き直すのを止めたほどだ。
相変わらず、取材に立ち会う発注者とのやりとりはスムーズだが、
これだけ悪いと不安になってくる。
自分のリモート環境も疑うべきなのかな……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました